最後のどんぐり-1 最後のどんぐり-2 最後のどんぐり-3 最後のどんぐり-4 最後のどんぐり-5 最後のどんぐり-6


この作品は、2004年の秋に作成しました。

この年は、TVなどで熊射殺のニュースが頻繁に報道されていました。
例年にない台風の影響で、森にツキノワグマの主食のどんぐりが実っていなかったのです。
冬眠を控えた熊は、おなかいっぱい食べ物を食べておかなければならないのに、食べるものがないために空腹に耐えられず、人里まで下りてきてしまい、ときに人に危害を加え、射殺されてしまいます。
よほどおなかが空いていたのでしょう。射殺された熊の胃袋は空っぽで、なかには“青いペンキ”を食べていた熊もいたそうです。

怪我をされた方や亡くなられた方もいらっしゃるので、ただ無責任に「熊を殺さないで!」とは言えません。
でも、人間は熊にしてあげられることを全てやって、それでもやむを得ない結果の射殺なのでしょうか。
ツキノワグマは本来臆病な生き物で、主食はどんぐりなどの木の実です。人間を襲って食べたりすることはありません。そのことを知っているでしょうか。
熊だって怖い人間には会いたくないでしょう。熊の被害が出ている地域では、外出時に必ず熊避けの鈴をつけたりして注意しているでしょうか。

ただ人間の権利だけを主張して熊を安易に殺すのではなく、熊を正しく理解して出来る限りの対策をし、熊との共存を計らなければならないと思います。
ニホンオオカミやトキの様に、いなくなってからでは遅すぎるのですから。

そんな想いから、居ても立ってもいられず、子ぐまのマーチャンの 『最後のどんぐり』 を描きました。どうぞご覧ください。

みなさんの熊への考えや、作品への感想などのコメントもお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です